Yohji Igarashi

プロデューサー/トラックメイカー/DJ
ラッパー HIYADAMのメインサウンドプロデューサーを務める他、これまでに様々なアーティストへの楽曲提供/リミックスを行う。ソロでは2017年に自身初となるダンス・ミュージックEP「PINK」をOKAMOTO’Sのドラマー、オカモトレイジが主宰するエキビションマッチYAGI EXHIBITIONにてCD限定でリリースし、翌年にデジタルリリース。2020年5月には2nd EPとなる「LOVE」をリリース。
また、2021年9月にはシンガー ぷにぷに電機とコラボレーションした楽曲「Deeper」をリリース。2022年1月にはJAPAN RUGBY LEAGUE ONEに所属するリコーブラックラムズ東京の公式チームソング「WINNING」をKANDYTOWNのGottz、Ryohuと共に手掛ける等幅広く活動。同年3月にはDaokoとのコラボレーションEP「MAD EP」をリリースした。その他、数々のクラブイベントにDJとして出演する傍ら、Daoko(w/ Yohji Igarashi)名義でのライヴ出演や、ODD Foot Works、Ryohu (KANDYTOWN)等のライブサポートも務めている。