Mr. Disco Kid

10代半ば、ヒップホップを入り口にDJ活動をスタート。
その後、ディスコやソウル、レアグルーヴ等のヴィンテージレコードへ傾倒していく過程で、楽曲の魅力を最大限に伝えることを目的としたプレイスタイルへ移行。同時に、アンノウン且つハイクオリティな音楽を追い求め、単身で海外でのレコードの買い付けを始める。レコードへの愛や探究心が縁を結び、世界中のコレクターやDJ アーティスト
(TUXEDO、Giles Peterson等)からその審美性や知識、情熱を信頼され取引を直談判されるようになる。
2018年にはイギリス、欧州各国から錚々たる DJ陣が出演するStockholm Soul Weekenderへ初の日本人ゲストDJとして出演。【再現性に捉われず“オーディエンスとの一期一会を大事に”最高の音楽体験を提供する】という自身が追求し続けてきた矜持の下、披露したプレイにDJ陣、オーディエンスから熱い賞賛を受ける。
以降もNTS Radio Showへのミックス提供等、海外とのコネクションを軸に活動。2022年の恵比寿LIQUIDROOMで行われた小袋成彬とMelodies InternationalのツアーでのDJプレイも記憶に新しい。近年は東京に拠点に移し、DJ BAR Bridge新宿にてレジテントを務め第2 第4 水曜日 7時間ソロセットを行なっている。
DJとレコードコレクター。オーバーグラウンドとアンダーグラウンド。それぞれの価値観を超え、包括した独特のフィルターと音楽への尽きぬ愛を持って、まだ誰も知らない新しい音、新しい解釈を日々探求、提案し続けている。